自由な働き方を望むなら

独立を成功させるためにしっかり足元を固めよう!

webエンジニアの定年と独立したい理由

webエンジニアに限らず、ITエンジニアには35歳定年説という話があります。
これはプログラマーで特に有名なのですが、35歳までにやめてしまう方が多いという話です。
それで35歳定年説と言われています。
実際の所なぜそうなのかというと理由があり、その1つが勤労時間が長すぎるということで、プロジェクトに遅れがあっても残業で取り返そうと考えるリーダーが多いのが原因です。

そして、もう1つ制度上の問題というのが大きいようです。
これは経験を積みある程度の年齢になると、管理職などに任命されてしまい部下となるチームメンバーをまとめたりクライアントに対応したりと、コミュニケーションが中心になると言う事です。
そうなるとwebエンジニアはデザインだけではなくて、自分でコーディングも行う時がありますが、そういうことが出来なくなります。

では、そのようなコーディングなど技術的なことがしたい場合はどうするのかというと、会社によっては選択肢もあるようですが独立したいというのが1つの手段です。
というのも、大抵の会社では制度上できなくなるのは仕方ないので独立してフリーランスとして働くという事になります。
もちろん、簡単ではなく仕事を受注したり、クライアントやプロジェクトチームのメンバーと話しあったりと、コミュニケーション能力も必要で大変です。
今後もコーディングなど技術的な事が好きで携わっていたいというなら、独立してフリーランスとして働くのも1つの手段です。
そんなwebエンジニアにお薦めしたいのが■■Webエンジニアのための独立計画■■です。

Comment

*