自由な働き方を望むなら

独立を成功させるためにしっかり足元を固めよう!

需要が高い今がチャンス

IT化やWEB化が進む現代において、webエンジニアの需要はとても高まっています。
求人サイトはもちろん、人材紹介や人材派遣の求人数を見ても、圧倒的にその数が多く驚かされます。
経験者はもちろんのこと、知識レベルや独学レベルといった方までも欲する傾向があるほど、その需要は高いのです。

IT企業で最も多く求められる職種はwebエンジニアです。
しかし、IT企業やWEB制作会社で働くエンジニア達は手を動かし、WEBの構築をすることが最終目的ではありません。
エンジニアが目指すところは、いわゆるプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーです。
一般的な企業で言う「管理職」がまさにここに価します。
プロジェクトマネージャーは、部下のマネジメントはもちろんのこと、実際にどのようなwebシステム、webサイトを構築するのか、企画や要件定義、予算管理などをするポジションになります。
WEB業界は全体として「若い」業界であり、管理職と言っても20~30代の若者が就任することも少なくありません。

よって、若いうちにwebエンジニアとして企業に雇用される立場で働きその後、さまざまな業界知識を得たうえで独立を目指すものも多い業界だと言えます。
web制作会社は小売りなどとは違い、在庫を抱える必要などなく、若者が独立を目指しやすい業界とも言えるのです。
また顧客さえしっかり捕まえれば、まだまだ将来性においても十分に安定できる職業です。

Comment

*